小さな子

子供の皮膚の白い斑点-それは何ですか?

子供の皮膚の白い斑点-それは何ですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

幼い子供の親は、赤ちゃんの肌は 完璧、完璧、そして色の面でも。 変更が発生すると、緊張し始めます。彼らは自分がどこから来たのか、自分で消えるのか、育てられるのか、何らかの方法で扱われるべきなのかについての情報を探しています。多くの場合、クエリは明るい領域に関連していますが、 赤ちゃんの肌に白い斑点 多くの理由があります。ここが最も人気があります。

白いふけ(白癬):子供の皮膚の白い斑点

子供の白い肌の変化の2つの最も一般的な原因は次のとおりです。 白いふけと多彩なふけ。

最初のタイプは、明らかにすることによって作成されます、ę 白いうろこ状のパッチ、 顔、首、胴体上部、腕の皮膚に最も頻繁に発生します。このタイプの変更は頻繁に発生します 不均一に、それらは円形または楕円形のパッチの形をとります 主に日光への暴露後に現れる。は耳には非常に小さな白い鱗があり、直径は約0.5センチメートルです。 3〜16歳の子供に最もよく見られます。

これらの変更はかなり 無害、軽度の湿疹に似ています。 ほとんどの場合、子供に発生します 発疹、刺激に敏感な乾燥肌は、アレルギー、喘息、毛孔性角化症に苦しむ子供に伴うことがあります。

病変の治療は彼らのものです 繊細な洗浄化粧品を使用して、保湿、肌に油をさす 子供が温かい水で入浴していることを確認します。また、お勧めです 晴れた日に高フィルターを適用する、 病変部の周囲の皮膚の黒ずみを抑制し、病変部の視認性を防ぎます。

彼らは役立つことができます 局所ステロイドクリーム。 しかし、医師は、白いふけのカテゴリーの子供の皮膚の白い斑点は、治療しなくても消えると主張しています。しかし、それは時間と忍耐が必要です-それは数ヶ月または数年かかる場合があります。

ふけふけ(白癬):皮膚の白い斑点

皮膚に白い斑点として現れる別の非常に一般的な問題は ふけ、軽度の表在性真菌感染症。 影響を受けた皮膚は日光にさらされても変化しないため、表皮は白のままで、冬には斑点が消えたり暗くなったりします。

皮膚の白い斑点は通常、 15歳から30歳までの人 (ただし、それらはどの年齢でも発生する可能性があります)。皮膚の治癒にもかかわらず、さらなる感染が発生する可能性があり、コースは予測不可能な慢性疾患です。暑い季節には、濡れた部屋で感染しやすくなります。

変更が発生するリスクは次のように増加します。

  • 慢性疾患
  • 発汗、
  • きつい服を着ています。

フケの治療において、最も効果的なのは 局所抗真菌薬、アプリケーションは非常に良い方法です セレンシャンプー。治療後、病気が再発しないように下着と寝具を交換する必要があります。また、症状がない場合でも、病変の出現を防ぐために治療を繰り返すことをお勧めします。皮膚の白い斑点は、治療後数週間残ります。

湿疹:皮膚の白い斑点

皮膚の変色した白い斑点は、湿疹の経過に起因する刺激部位に現れることがあります。肌が最初にあるとき赤、荒い、そしてこの場所に白い斑点が現れます、その理由は明らかです。医師は、そのような変化した肌に特別なクリームの使用を勧めることがあります。また、皮膚の状態を悪化させる可能性のある刺激因子を避けることをお勧めします。

子供の白化:皮膚の白い斑点

皮膚の白い斑点は、 白斑、皮膚の色素の損失として現れる病気。生命を脅かすものではありませんが、残念なことに 治療が難しく、審美的価値と精神的不快感のために大きな課題。白皮症は癌ではなく、伝染性でもありません。その経過を予測することは困難です。皮膚の小さな白い斑点は成長せず、追加の変更なしで長年続くことがあります。しかし、時には病気は急速に進行し、皮膚にますます白い斑点があります。

白皮症 メラニン細胞に影響を与え、 皮膚の深部にある細胞はメラニンに影響を与え、その生産を妨げます。このようにして 皮膚細胞はメラニンの生成を停止します。皮膚科医は、さまざまな形態の白皮症を区別します。 焦点の皮膚に変色した皮膚のいくつかの場所がある場合、 一般化- 皮膚のより広い領域と シンメトリック -皮膚を対称的に変色させ、変化の鏡面反射の印象を与えます。

皮膚のさまざまな領域で変化が生じる可能性があります。それらが構築される可能性が最も高い 顔、手、脚の付け根、肘と膝、また、穴の周りの皮膚の周り- 目、へそ、性器の周り。 白皮症の子供の中には、他の症状もあるものがあります- 髪の早期の白髪化または虹彩の色素の損失。

白斑の発症に関するさまざまな理論があります-原因の原因は 自己免疫、その他、責任があること 遺伝子。 皮膚科医は病気を確認し、赤ちゃんの皮膚を見て、彼らは紫外線で特別なランプを使用することができ、生検はほとんど行われません。詳細なインタビューを実施して、変色が火傷によるものか、発疹の結果であるかを確認することが重要です。白斑の発症に影響を及ぼす可能性のある糖尿病または甲状腺の問題を確認または除外するために、血液検査が推奨される場合があります。

白皮症の治療は難しく、長期にわたるものです。治療の有効性は、皮膚の個々の特徴と病気の経過に依存します。



コメント:

  1. Taran

    この文は素晴らしいと思います

  2. Lochlain

    あなたへの選択は一生懸命です

  3. Gabrian

    現代市場の現実は、私たち、消費者は、商品やサービスの不cru慎なサプライヤーにだまされていることがよくあります。このウェブサイトの記事にあるアドバイスの専門家、営業コンサルタントは、これを回避するのに役立ちます。

  4. Elwyn

    自信を持って言った、それから私の意見は明らかです。このテーマについては言いません。

  5. Manley

    はい、確かに。上記のすべてを購読します。この問題について説明しましょう。ここまたはPMで。



メッセージを書く