妊娠/出産

妊娠中の吐き気は軽くなる場合があります。ここに方法があります!


それが彼らのためでなければ、最初の三半期は多くの女性にとってずっと穏やかな時間になるでしょう。妊娠中の吐き気と嘔吐は、最も難しいと言われている病気です。単なる疲労よりも正常な機能によりはるかに複雑です。母なる自然による救済を受けた女性では、吐き気はわずかな不快感の形でのみ現れることがありますが、他の人では1日数回嘔吐の形をとることがあり、妊娠の初めに正常に機能しなくなります。

すべての妊娠は異なります

この記事を始めるとき、1つのポイントを説明する価値があります。妊娠中に女性が嘔吐するかどうかは、子供の性別とはまったく関係ありません。さらに、嘔吐せずに通過した最初の妊娠がこれらの不快な病気なしに次の妊娠に自信を与えるという確実性はありません。すべての妊娠は異なる方法で行うことができ、規則性はありません。

また、妊娠初期の女性に伴う不快感を表す朝の嘔吐という用語は誤解を招くものであることを強調する価値があります。 嘔吐はいつでも起こります。 ほとんどの場合、胃が空のときに最も強くなります。したがって、朝とつながります。また、疲労とストレスの期間中に問題が大きくなります(妊娠があなたにとって驚きだった場合、仕事や人生で起こる変化について心配しているため、不快な嘔吐の可能性が高くなります)。

統計

朝の嘔吐、および実際には1日を通しての幸福度は悪化し、子供を期待している女性の半数以上が影響を受けています。女性をまったく経験していない女性も不足していません(自宅で吐き気さえ経験していない女性もいます)。

妊娠中の嘔吐は通常、受精の数週間後に現れ、妊娠初期(通常は妊娠の約14週間)後に起こります。残念ながら、妊娠中の嘔吐は女性に9ヶ月間付随することがあります。毎回 非常に個別の問題。

朝の嘔吐の原因は何ですか?

医師は、朝の嘔吐の正確な原因を知りません。原因は女性の体に起こるホルモンの変化であると考えられています。この論文は、朝の嘔吐が 妊娠ホルモン(hCG)のレベルが最も高い場合に最も厄介、つまり妊娠の最初の3か月間。それらは通常、前記ホルモンのレベルが低下するとき、すなわち妊娠の発達とともに消えます。

朝の嘔吐は子供に害を及ぼしますか?

妊娠中の嘔吐は、赤ちゃんに害を与えません。それどころか、彼らはよく発達した妊娠の症状と考えられます。嘔吐が原因で起こることが多い母親による体重の減少にもかかわらず、妊娠の進行は妨げられません。子供は、女性の体内に以前に蓄積された資源から貴重な栄養素を引き出します。

妊娠中の嘔吐が非常に激しい場合は、医師の診察を受けてください。これは脱水を避けるために必要です。入院と静脈内輸液の交換が必要な場合があります。

妊娠中の嘔吐への対処方法

幸いなことに、妊娠中の嘔吐の問題を軽減する方法があります。基礎は、あなたの体を観察し、嘔吐を増加させる食物を避けることです。また、日中は間食する価値があります。 お腹が空っぽにならないようにしてください。この場合に最適なのは、クリスプブレッド、ドライクルトン、ビスケット、ドライフルーツです。あなたと一緒にいるのはいつも良いことです。朝起きる前に、ベッドのそばにビスケットを数包入れて何かを食べるといいでしょう。

嘔吐が非常に面倒な場合は、日中およびトイレを訪れた時間後に食べたり飲んだりするものを書き留めてください。葉酸を飲み込んでから数分後に嘔吐した場合は、再度錠剤を服用する必要があります。

貧血を防ぐために鉄を摂取する場合、最大の嘔吐の時間はこのサプリメントを断念する価値があります。鉄は嘔吐の問題を増加させる可能性があるので、錠剤の中止は安心かもしれません。