小さな子

子供の免疫のためのビタミン-はいまたはいいえ?


ポーランドの栄養補助食品市場は、世界で最も発展している市場の1つです。 おそらく、私たちのほんの一握りだけが、肝臓をサポートし、免疫力を向上させ、活力とエネルギーを追加する(彼らの生産者によって提供される)家庭の準備をしていません。さらに、おそらく多くの親は子供たちに免疫の準備に存在するものを含むさまざまな種類のビタミンも与えます。しかし、そのような行動は必要であり、より重要なこと、または正当化されますか?今日、免疫のために子供にビタミンを与える価値があるかどうかを考えてみましょう。

子供に適切な量のビタミンを提供する方法は?

すべてのビタミンの適切な量は、子供を提供する必要があります 適切にバランスの取れた食事であり、需要は幼児の年齢によって異なりますが、子供のメニューで食事を合理的に計画するために時間とエネルギーを費やす価値があります。 正しい量のタンパク質、脂肪、炭水化物を確保することは、適切に機能するために必要なすべてのミネラルとビタミンを体に提供することと同じくらい重要であることを覚えておく必要があります。だから、どの製品で子供が必要とする成分を見つけるのでしょうか?

  • ビタミンA-動物の肝臓、ニンジン、ケール、ほうれん草、カボチャ。
  • ビタミンB-豆、エンドウ豆、牛乳、卵、カボチャとヒマワリの種、ナッツ(カシューナッツ、イタリア料理、ブラジル料理など)。
  • ビタミンC-赤唐辛子、柑橘類、リンゴ、ほうれん草。
  • ビタミンD-サーモン、マグロ、イワシ、卵黄、魚油
  • ビタミンE-ひまわり油、レタス、ナッツ、アーモンド。
  • ビタミンK-動物の肝臓、トマト、イチゴ、カリフラワー、マメ科植物。

天然のビタミン源について何を語っていますか?

果物や野菜に含まれるビタミンとミネラルは、ビタミン製剤に含まれているものよりも体内で利用しやすくなっています。何百万年もの間、こうした自然な形で祖先の体内に存在して吸収されているためです。さらに、野菜や果物のいくつかの部分に適切な量の必須ビタミンとミネラルを提供することは見た目ほど難しくなく、そのような行動の利点は努力する価値があります。体が適切に機能することに加えて、彼らは、幼い頃から健康的な食習慣からエネルギーと活力と体を提供します。

ビタミンD-このビタミンの補給をあきらめないでください

ビタミンDは現在、専門家が推奨する唯一のビタミンであり、すべての幼児に定期的に補充する必要があります(これまでは、乳児のグループでも、ビタミンKが推奨されていました)。人体は日光の影響下でこのビタミンを合成できることを覚えておく必要がありますが、私たちの国の地理的位置のために私たちはその不足にさらされているため、特に秋と冬の補充は最も正当化されます。

医師の推奨によると、ビタミンDの補給は、出生時の子供、特に日光の量が夏よりも著しく少ない冬に実施する必要があります。このアクションの目的は何よりも くる病の予防 (骨の過度の柔軟性は、それらの著しい変形とその後の幼児の障害につながる)が、他の健康で抵抗力のあることについても頻繁に語るこのビタミン。

免疫のためのビタミン-はいまたはいいえ?

店舗や薬局で入手可能なビタミン製剤を明確に確認または除外する研究はありません。 したがって、このタイプのサプリメントを子供の食事に取り入れる決定は、両親の個別の決定であり、小児科医または薬剤師との協議が先行する必要があります。

薬だけでなく、特定の状況でのビタミン製剤も覚えておく必要があります。 子供にとって好ましくない、または不健康な場合もあります。

要約すると、したがって、子供の免疫を改善するためのビタミン補給は、論争の的となっている問題です。ただし、特定の状況でそのようなアクションが有益な効果をもたらすことは間違いありません(特にビタミンDの補給に関して)。