妊娠/出産

妊婦は何を飲むことができますか?

妊婦は何を飲むことができますか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

妊婦はたくさん飲むべきです。食事中の水分が少なすぎると空腹やおやつに似た症状が出るからではなく、主に妊娠の適切な発達に水が必要だからです。しかし、偶然の液体を注ぐことは芸術ではありません。適切に選択することが重要です。

最高の高度にミネラル化された水

多くの水生産者は、将来の母親に湧水が彼らと彼らの子供に最適であると確信させようとしますが、残念ながら彼らは信じられません。子供用の牛乳の準備には異なる水を使用する必要があります。また、需要の増加に伴う貴重なミネラル(カルシウム、マグネシウム、ヨウ素)の不足にさらされる将来の母親には、異なる水を使用する必要があります。このため、数百万ドルをプロモーションに費やしている大企業を信頼するのではなく、しばらく考えてあまり知られていないブランドに手を伸ばす価値がありますが、おなかを持つ女性にとって理想的な製品です。

将来の母親は棚を見るべきです 高度にミネラル化された水、低ナトリウム含有量でミネラル化された最終培地高血圧の発症の責任者。一方、汗でそれを取り除く暑い気候ではナトリウムの需要が増加し、その不足は疲労と疲労として感じられることを覚えておく価値があります。

ナトリウムは本当に危険ですか?

2リットルのミネラルウォーターが1日のナトリウム需要の最大5%をもたらす可能性があることに気づいた場合、ミネラルウォーターのナトリウム含有量が高いため、妊婦は湧水を飲むべきであるという湧水生産者の説明は不合理です。そのため、過剰なナトリウムの原因となるのは水ではなく、主に高塩分を含む食べ物を含む不十分な食事です。さらに、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素の含有量が高く、同時にナトリウムが少ない水が市場に出回っています。それにもかかわらず、ナトリウムの供給の影響に対する恐怖を感じているすべての人にとって理想的なソリューションです。

飲まないもの

もちろん、妊娠中はアルコールを飲みません。砂糖鉱山(実際にはアスパルテーム、胎児の発育に悪影響を与える可能性があります)であるカラフルな炭酸飲料、コーラ、および人工着色料もお勧めできません。カフェインの量のために、それは飲酒エネルギー飲料をあきらめることをお勧めします。妊娠中のコーヒーの量も制限する必要があります。 1つまたは2つのカップは問題ではありません。しかし、毎日数杯飲むとさらに悪い。さらに、胎児の適切な発達と母親の健康に必要なマグネシウムとカリウムを洗い流します。

妊娠中のフルーツジュースとミルクセーキ

機会があれば、店で購入したフルーツジュースを自宅で準備したジュースと交換するか、実績のあるソースから新鮮なジュースを選ぶ方が良いでしょう。残念ながら多くの人が嫌いな野菜ジュース、ミルクセーキもお勧めします-できれば自家製です。

牛乳は妊娠しています

結局のところ、それがバージョンであるかどうかにかかわらず、牛乳は選択の飲み物です 伝統的な牛または大豆。それが私たちの食事の重要な要素である場合、それは妊娠中にgivingめる価値もありません。
確かに、乳糖不耐症に問題がある人が牛乳を飲むべきではありません。ただし、牛乳がよく消化されている場合は、高血圧や骨粗鬆症を防ぐために、牛乳をメニューに含める価値があります。さらに、牛乳は貴重なソースです カルシウムとビタミンD

妊娠中にどんなハーブを飲むことができますか?

最高はハーブからでしょう クランベリーに有益な効果があります 妊娠中にしばしば感染にさらされる尿路系。時々それは到達する価値があります カモミール (落ち着いて炎症を和らげる)および メリッサこれは神経に効果があり、長くてストレスの多い一日の後に落ち着くことができます。お茶も良い選択です イラクサ、多くのビタミンと微量元素の貴重な供給源です。妊娠の最初の数週間はお勧めです ジンジャーティーそれは吐き気を防ぎ、 ペパーミントティー、 妊娠中の典型的な消化器の不快感を軽減します。順番に キンセンカ茶 大量のビタミンCを含み、流産のリスクを減らします。

妊娠中のお茶

お茶はどうですか?栄養士は注意を払い、すべてのお茶(種類に関係なく、黒、緑、赤)を適度に飲みます。いくつかの理由があります。まず、お茶に含まれる物質 EGCGと呼ばれる 葉酸代謝をブロックします。さらに、緑茶エキスは減少します 鉄吸収率25%。第三に、お茶にも含まれています カフェイン、多くの研究結果によると、妊娠に悪影響を及ぼし、子供の発達障害のリスクを高めます。

妊娠中の穀物コーヒー

多くの母親が妊娠中に穀物コーヒーに手を伸ばします。しかし、そうですか?はい、わかった。穀物コーヒーには、健康に良い影響を与える成分が豊富に含まれています。 チコリ、ライ麦、テンサイ。さらに、穀物コーヒーには プレバイオティクス消化管内の陽性細菌の増殖にプラスの効果があります。また、穀物コーヒーは 人工食品添加物、防腐剤、染料、香料を含まない。ただし、注意してください!穀物コーヒーは、グルテンにアレルギーのある人が摂取すべきではありません。



コメント:

  1. Scottroc

    同意しました、あなたの考えは素晴らしいです

  2. Lundy

    私の意見では、それは非常に興味深いテーマです。私は皆、より積極的に議論に参加することをお勧めします。

  3. Dabar

    この投稿を見積もり帳に入れたいという要望があったことをとてもうれしく思います。

  4. Uriel

    私の意見では、排他的な審議



メッセージを書く