ニュース

6月17日:年次休暇が事実になりました

6月17日:年次休暇が事実になりました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

6月17日は、2013年からの子供の親にとって非常に重要な日付です。ちょうど今日、母親とパパに赤ちゃんと一緒に長く家にいる権利を与える法律が施行されます。注意!この日付は、古い規則に従って休日を終える親にとって特に重要です。このような親は、6か月の休暇期間を利用したい場合、今日でも申請する必要があります。

改正条項に従い、2013年6月17日から、2012年12月31日以降に生まれたすべての子供の両親は 20週間の産休(母親専用の14を含む), 6週間の追加休暇と26週間の育児休暇。追加の父親または母親は、追加の育児休暇を取ることができます。

子供が2013年1月1日に生まれた場合、追加休暇の申請の提出期限は今日です。 2013年1月1日以降に出産したが、出産前に産休を利用した女性には例外的な規則が適用されます。このような状況では、たとえ母親が仕事に戻ったとしても、母親は(彼の継続が中断されたという事実にもかかわらず)帰る権利を持っています。雇用主に追加休暇の申請書を提出するために、親は法の発効から7日間の猶予がありますが、育児休暇は遅くとも追加休暇が終了する日に適用される場合があります。

給付を受ける権利は、フルタイムの親だけでなく、自発的な病気の拠出金を支払うすべての人々にも適用されます。また、自営業者であり、民法契約の下で働いています。

改正法に従い、出産前に産休を利用することができます(出産予定日の最大6週間前:現在、出産予定日の最大2週間前)。



コメント:

  1. Lalor

    私はあなたが間違っていると信じています。私は確信しています。これについて議論しましょう。午後に私にメールしてください。

  2. Nachton

    私はあなたが間違いを犯していると信じています。これについて議論しましょう。

  3. Bartholomew

    今、すべてが明確です、私はこの質問の助けに感謝します。

  4. Isen

    あなたは正しくないことがわかりました。私たちは議論する予定です。 PMで書き込みます。



メッセージを書く